派遣薬剤師求人 > 紹介予定派遣の求人、薬剤師の場合

紹介予定派遣の求人、薬剤師の場合

派遣で仕事を探したことのある方は、「紹介予定派遣」という言葉を聞いたことがあると思います。紹介予定派遣とは、最初は派遣社員として契約しますが、いずれ企業と直接雇用関係を結ぶことを前提としたものです。

いきなり直接雇用する場合と比べて、企業も働き手も少し時間をとってお互いを見極めることができるメリットがあります。このメリットは両者にとって大きいものなので、アルバイト薬剤師の求人よりも紹介予定派遣という形をとる企業は増加しています。

薬剤師についても同様で、新しい職場に自分がなじめるかどうかをチェックしたり、 仕事内容がこれまでと大きく変わる場合に新しい仕事に対応していけるかを確かめる ことができます。この見極めをする期間は、3ヶ月から6ヶ月程度としている企業が多いようです。

これくらいの期間があれば、職場になじめるかとか、仕事に対応できるかをほぼ 確実にチェックできるのではないでしょうか。 薬剤師の場合は職場の人間関係をつかむこともできますし、勤務時間もどれくらいの 忙しさなのか把握することができます。とくに前職を人間関係のトラブルで辞めたり、 忙しすぎてつらい思いをした方にとってはありがたい制度ではないでしょうか。

また薬剤師の資格を持っている人でも、子育てや家事との両立を考えて短時間のパートで 働きたい場合もありますし、バリバリとフルタイム勤務を希望する場合もあります。 後者の場合は、紹介予定派遣によってある程度の時期をお試し期間といった 意味合いで過ごすことができ、新しい仕事場になじめずに「こんなはずじゃ なかった」と気落ちするのを防ぐことができます。

もしくは薬剤師として調剤薬局で仕事をした経験のある人でも、企業で薬の開発を してみたいと考えたり、MRとして病院や医師を相手に営業的な仕事をしてみたいという 人もいます。

このように従来の仕事と大きく内容が変わる場合にも、紹介予定派遣なら様子を見る ことができます。 薬剤師の働く場所は意外に多いので、このような制度を利用して仕事の幅を 広げるのも良いことだと思います。
山形県薬剤師会

薬剤師の離職率が高い原因

薬剤師の離職率は他の業種と比べて高い傾向にあり、男性よりも女性のほうが多く離職しています。 女性の離職率が高い理由は結婚、妊娠、出産、育児などのライフステージの変化によるものが多く、結婚や出産を機に専業主婦になる人も珍しくありません。

妊娠して出産すると子育てが待ち構えているので、転職よりも離職を選択する女性が圧倒的に多いのです。

また、これらの女性ならではの事情だけでなく、職場の環境や給与、休日、勤務時間などの不満も離職に至る原因になっているようです。

転職しやすい状態も離職率が高い一つの要因になっており、求人情報を見てみるとわかりますが、まだまだ売り手市場なので転職先に苦労しません。 中には嫌なことがあるとすぐに、軽い気持ちで転職する人もいると聞きます。

現在の職場に対して不満があって転職を考えている方は、転職先選びを失敗しないように吟味したいところですよね。

中には転職ではなく離職を選択する人もいますが、近年では優良な転職サービスやサイトがあるので、転職することで問題が解決できる可能性があることも知っておいたほうがいいでしょう。 転職先によって問題が解決するか否かが決まると言っても過言ではありません。

今すぐ転職する予定はない人も登録可能なので、好条件の求人をいち早くキャッチしたい方はとりあえず登録だけでもしておいて損はないと思います。

転職のプロフェッショナルが、事前に調査を行ったり、スキルを活かせる仕事の情報を提供してくれます。 プロの目線で助言してもらえますし、アドバイスやサポート体制が充実しているので、次こそは転職に失敗したくない人は利用しない手はありません。

そもそも、納得のいく職場に巡り会えたら離職率が高くなることはないので、転職を支援してくれるサービスを大いに利用すべきなのです。 ずっと働ける職場に採用させるように、プロのコンサルタントによるアドバイスをもとに対策を練っていきましょう。

調剤薬局から医薬品製造管理者に転職

薬剤師になる為には多くの時間と努力が必要になります。 薬科大学の薬学部に入学して6年間学び、ようやく国家試験の受験資格を得ることができるので、ただ大学に入って勉強をしていればいいわけではないのです。

そんな薬剤師の仕事は調剤薬局やドラッグストアなどがあり、患者さんとの距離が近いことをやり甲斐に感じている薬剤師もいますが、薬剤師としての能力を最大限に発揮できる医薬品製造業の管理者(医薬品製造管理者)という仕事があります。

医薬品製造管理者は調剤薬局とは畑が違う仕事ではありますが、薬剤師にしかできない大切な業務を担っています。

医薬品製造管理者とはその名の通り、製造に関する責任者であり、製造現場に立って品質の管理や製造の管理などを任されることになります。 研究分野においては、新薬の開発研究に携わり、時には医薬品の情報を管理・収集し、病院などの医療機関や薬局に足を運んで、医薬品を正しく取扱い・販売できるように情報を提供します。

GMPという薬の製造に関する法律では、医薬品製造管理者は薬剤師であることが定められているので、薬剤師の資格を持っている者でしか勤まらない仕事でもあるのです。

部門ごとに配属されている品質管理責任者や製造管理責任者をまとめ上げる役割があり、安全な製品を提供できるように細かくチェックしたり、管理を行います。

薬学部で習得した知識をフルに使わなくてはいけないくらいに豊富な知識が必要なので、その分、薬剤師としてのやり甲斐を感じられることでしょう。

長い年月をかけて薬剤師になったのですから、知識を無駄にせずに活かしたいと考えて転職を決意する人も少なくありません。 キャリアアップとスキルアップを目指す薬剤師にとっても、製造管理の仕事に適していると言えます。

大変忙しい仕事ではありますが、それ以上に大切なものを沢山得られるかと思います。 調剤薬局の仕事に物足りなさを感じている人は、医薬品製造管理者への転職を検討してもいいかもしれませんね。